スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電気のまとめ買い

電気の共同購入って知ってますか?
電気も普通の商品と同じようにまとめて買うと安く買うことができます。
楽天の共同購入みたいな感じです。
電気の場合は、普通の家庭では従量電灯や低圧電力で直接電力会社から電気を買います。
一括購入契約では、高圧電力という形でまとめて電気を購入し、各家庭に分電します。
なぜ、高圧電力という形で買うと安くなるかというと、電気は高圧の形で送る方が、抵抗が少なくてロスが減るからです。
普通の商品で言うと共同宅配で運送費が安くなるようなものです。

一つ、注意しなければならないのが、一括購入するには希望者が数人集まらなければなりません。
普通の商品では、近くの人が数人集まって購入ということもできるかもしれませんが、電気の場合はマンション単位で購入者が集まらなければなりません。
つまり、電気の一括購入をすることができるのは、
 ・分譲マンションの所有者(オーナー)
 ・分譲マンションの管理組合
 ・賃貸マンション(集合住宅)のオーナー
ということになります。
分譲マンションでこの仕組みを導入しようとすると、管理組合などで決議が必要になるので、時間がかかるみたいですが、
賃貸マンションのオーナーでは、意思決定が早いので、早期導入が実現しています。
では、一括契約するとどれぐらい電気代が安くなるかというと、毎月約10~30%は電気代が安くなります。

今までは、法律で電気の自由契約は認められてなかったんですが、2005年の法律改正でマンションやスーパーにも認められました。
まだまだ、知らない方が多いので一度興味のある方は検討してみてください。
汎光電気のサービスが一番安くて、WEB見積もりもできるのでお勧めです。
中央電力は実績も多いです。

【サービスを提供している会社のリンク】
シュートンシステム(WEB見積もり)|中央電力日本電力アクリスアイピーパワーシステムズ

【事例のリンク】
上小田井ステーション管理組合アパガーデンコート野々市(PDF)

参考になった方はぜひ応援お願いいたします。 ↓------<(_ _)>-------↓
ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:生活に役立つ情報 - ジャンル:ライフ

電気代0でパソコンを使う→充電丸


今回も電気代ゼロシリーズです。
同じゼロでもソーラー発電とは、違います。
なんと、自家発電です。
自分で電気を作ってしまおうという製品です。
フル充電すると、携帯の充電やノートパソコンにも利用できます。
また、ライト付きで、防災用の避難時にも活用できます。
そして、何といってもすごいのが、同時にダイエットもできるという点です。
自家発電で、自転車のライトを思い出す人も多いと思いますが、まさに今回の製品も自転車のペダルを漕いで、ダイエットと発電を同時に叶えるような製品です。
興味のある方は一度見てください。
→後日、感想を記入します。

参考になった方はぜひ応援お願いいたします。 ↓------<(_ _)>-------↓
ブログランキング

テーマ:エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

LED照明は普及するか?

白熱電球電球型蛍光灯およびLED照明の違いってみなさん分かります?
パナソニック電工(旧松下電工)が、本格的にエコ商品の販売を強化するみたいです。
特に、特に築10年以上の住宅向けに更新ニーズが高まっているとのこと。
皆さんも検討してみれば?
簡単に違いをまとめておきます。
 寿命ワット数価格特徴
白熱電球1,000時間40W安い太陽光に近い
蛍光灯白熱の6~10倍白熱の20%高いつくのに時間がかかる
LED照明白熱の20~40倍白熱の20%すごく高い

照らす範囲が狭い

小型化が可能

 白熱電球はエコの観点から、地球にやさしくないので廃止の方向で動いているようでね。

参考になった方はぜひ応援お願いいたします。 ↓------<(_ _)>-------↓
ブログランキング

テーマ:エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

夜型人間の割引サービス

実は、夜型人間は電気代ですごい得をすることができます。
よく、「早起きは三文の得」といいましたが、電気代に関してはそうとも言い切れないようです。
電力会社によって少し違いがありますが、
このサービスは電気単価が、
 夜23時から朝7時まで通常より70%安くなり、
 朝7時から夜23時までは通常より約30%高くなります。
東京電力では、おトクなナイト8とおトクなナイト10と二つの時間帯が選べます。

・おトクなナイト8→夜23時から朝7時までの8時間は単価9.17
・おトクなナイト10→夜22時から朝8時までの10時間は単価9.48

これらのサービスを適用して安くなる人は、
一人暮らしのサラリーマンやOL、または夜型の学生とかでしょうか。
昼は仕事や学校で家にいない人向けです。
また、各種充電や洗濯、掃除機など大きな電力を利用する電化製品の利用をこの時間帯にすることもコツです。→騒音による近所迷惑は考慮してください。

なぜ、電力会社はこのようなサービスを行っているかというと、発電は夜だからといって止めることはできず、常に動いています。
電力会社は昼間の最大利用電力に合わせて発電設備を稼動しているので、1年間の電気の利用総量が同じでも、平準化しているほうが、設備が小さくてすむんですね。
そのため、電気利用料が多い昼間を少なくして、夜間に利用してもらって平準化したいということです。
ちなみに、1年間で一番電気の利用量が多いのは夏の昼間です。
よく、新聞などでも発電が追いつかないので、電気の利用料を制限して欲しいとの告知もあると思います。
この時期に一番利用料が多くなるのは、ずばり、「エアコン」が原因です。
ということは、エアコンがどんなに電気を大量に利用しているかは容易に想像できますね。
参考サイト:関西電力東京電力

参考になった方はぜひ応援お願いいたします。 ↓------<(_ _)>-------↓
ブログランキング

テーマ:エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

省エネ家電

電気の使用量を減らす一番の方法ですが、
ずばり、省エネ家電に買い換えることです。
特に、冷蔵庫、エアコン、照明器具、TVの4つは削減効果が非常に大きいです。
これらは、常に電源をつないで利用しているものなので、使用時間が長くなるためです。
冷蔵庫を例に取ると、10年前のものと比べて、現在の省エネモデルを購入すると、5千~1万円/月ぐらい削減できます。
エアコン、照明器具、TVも順次省エネに買い換えると年間3万程度の削減は十分可能です。
10年で30万なんで、買い替えコストも十分カバーできますね。
また、温暖化ガスの削減にも貢献できるので、エコロジーです(選ぼう省エネ家電)。
故障したときに買い替えるのがベストですが、中古を処分して買い替えるのも検討してもいいかもしれません。

参考になった方はぜひ応援お願いいたします。 ↓------<(_ _)>-------↓
ブログランキング

テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記

«  | ホーム |  »

ページ内検索

節約したい電気製品の名前を入れてね。

サブカテゴリ

カテゴリーメニュー

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

FC2ブログランキング

参考になった方は

FC2Blog Ranking

ぜひ応援お願いいたします。!

RSSリンクの表示

リンク

相互リンク募集中です(^O^)/

このブログをリンクに追加する

電気代削減に興味のある人

開設175日で10000Hit超えました。皆様のおかげです。(^○^)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。