スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポイント還元と現金値引きを比較する

店頭販売とネットでの購入を比較するときに、ポイント制度は切っても切れないので、ポイントについて考えて見ましょう。
まず、ポイントのメリットとデメリットをあげます。

ポイント還元と現金値引きを比較する »

スポンサーサイト

テーマ:生活に役立つ情報 - ジャンル:ライフ

パソコンの消費電力を20%削減

今朝の日経新聞に、NECがパソコンの消費電力を20%削減することが可能なソフトウェアを開発したとありました。
どんなすごいソフトウェアか興味があったのですが、なんと利用者の行動パターンによりこまめに画面を消して、電気代を節約するようです。
パソコンの電気代の中心は、モニターの電気代なので、モニター画面をこまめに消すのは確かに電気代の節約につながりそうです。
実際に、官公庁などの実績で平均20%の消費電力の削減につながったようです。
フリーのソフトウェアとして、ダウンロードできるみたいなので、後日レポートいたします。
でも、ノートパソコンをモバイル用途で利用している人にはもともと画面が頻繁に切れるようになっているので、あまり効果が無いかもしれません。
あくまで、100台以上のデスクトップパソコンを使っているのが効果が大きいと思います。
ウィンドウズで標準で入っている電源管理ソフトは、あくまで時間をベースに画面を消したり、休止状態になったりするので、今回のNECのソフトは行動パターンをベースに電源を制御することが新しいです。
いつも、決まった時間にお昼を取る人や、1時間おきにタバコで席をはずす人、2時間おきにトイレに行く人、几帳面なルーチン人間にはあっていそうなソフトウェアですね。
パソコン電気代節約方法

参考になった方はぜひ応援お願いいたします。 ↓------<(_ _)>-------↓
ブログランキング

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

温水洗浄便座の電気代を節約

省エネ性能カタログより

・温水洗浄便座は、非使用時の節電と温度調節により電力を抑えることが必要です。
・便座の放熱を防ぐため、使用していないときは便座のフタを閉めましょう。
・季節に合わせて便座の暖房の温度調節をしましょう。洗浄水の水温調節も忘れずに。設定を高めにしないことで省エネを図ります。
・タイマー等の節電モードを上手に使うことで、省エネ効果が得られます。長時間使わない時はOFFにしましょう。



参考になった方はぜひ応援お願いいたします。 ↓------<(_ _)>-------↓
ブログランキング

テーマ:エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

しんきゅうさんが本格運用

12月11日に試行版として運用されていたしんきゅうさんが2月6日に本格運用されました。
今までは、エアコン、冷蔵庫、テレビの3製品しか省エネ比較ができなかったのですが、それに照明・器具も追加されました。
しかし、さっそくシステム上の不具合で対応中みたいです。
このブログでも省エネ製品をまとめていますが、照明は意外と数が多いので、システム化対応が難しかったのかもしれません。
今、利用している製品の型番や機種をブログ内で検索してもらうと、年間電気代の目安や省エネ性能が他の製品と比較してどのくらい高いか低いか、このブログでも調べることができます。
しんきゅうさんの記事

参考になった方はぜひ応援お願いいたします。 ↓------<(_ _)>-------↓
ブログランキング

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

蛍光灯器具の電気代を節約

省エネ性能カタログより

・こまめに、掃除しましょう。ランプや傘が汚れると、明るさは極端に低下します。ダイニングキッチンなどの汚れやすい場所ではきちんとお手入れしましょう。
・無駄な灯りは、こまめに消しましょう。長時間部屋を空けるときは、消した方が経済的です。(ただし、極端に頻繁に点滅させると、ランプ寿命は短くなります。)
・リモコン機能(点灯、消灯、調光など)を使用中は、約1Wの電力を消費しています。壁スイッチの電源をオフにする習慣をつけて、待機時消費電力を削減しましょう。



参考になった方はぜひ応援お願いいたします。 ↓------<(_ _)>-------↓
ブログランキング

テーマ:エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

電子レンジの電気代を節約

省エネ性能カタログより

・野菜などの下ごしらえに電子レンジを使いましょう
(時間短縮にもなり、ビタミンCの損失が抑えられます)。
・あたためるときは、食品の加熱しすぎに注意しましょう。
タイマーは短めにして様子を見ながら加熱しましょう。
・液体の食品を温めるときは、丸い容器に入れ、途中でかき混ぜると、ムラなく速く加熱できます。
・オーブンで調理するときは、なるべく大きさや厚さをそろえ、ぎっしり並べすぎないようにしましょう。
・オーブンで調理中は、ドアを頻繁に開閉したり、長時間あけておいたりしないようにしましょう。



参考になった方はぜひ応援お願いいたします。 ↓------<(_ _)>-------↓
ブログランキング

テーマ:エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

ジャー炊飯器の電気代を節約

省エネ性能カタログより

・食べる時間に合わせて炊き上がるようにタイマー予約を上手に使いましょう。
・長く保温をしないようにしましょう。電力を消費し、風味も落ちます。
・まとめて炊いて冷凍保存しましょう。
・使わないときは、コンセントを抜きましょう(コンセントを入れたままでも電力を消費します)。
・長時間保温するなら、2回に分けて炊いた方がお得です。
→約7~8時間以上保温するなら、2回に分けて炊いた方がお得になります。



参考になった方はぜひ応援お願いいたします。 ↓------<(_ _)>-------↓
ブログランキング

テーマ:エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

DVDレコーダーの電気代を節約

省エネ性能カタログより

・電子番組表(EPG)を活用しましょう
→電子番組表を画面に表示させ、録画する番組をリモコンで選ぶだけなので、予約録画ができます。自動停止するので、余分に録画することはありません。
・録画モードを選択しましょう
→高画質モードで録画すると、録画できる時間が短くなったり、HDDからDVDにダビング(移動)する
時間が長くなることもあるので、必要に応じて録画モードは切り替えましょう(ダビング時間が長くなればそれだけ消費する電力が増えます)。
・待機時消費電力を削減しましょう。
→使用しないときは、時計表示は、消灯しておきましょう。高速起動を設定しておくと、待機時消費電力が大きくなります。



参考になった方はぜひ応援お願いいたします。 ↓------<(_ _)>-------↓
ブログランキング

テーマ:エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

IHクッキングヒーターで節電

実は、東京電力では「スマイル・クッキング割引」という電気料金の割引制度があります。
これは、低格電圧200VのIHクッキングヒーター、ラジエントヒーター、
ハロゲンヒーター、シーズヒータ等を利用していると、
申請することで電気代が最大525円毎月安くなります。
 割引額=電力量料金×3%(毎月最大525円まで)
です。

関西電力とかには無い、東京電力ならではのサービスです。
実は、全国にある電力会社各自がユニークな割引制度を導入しているところも多いです。
また、同じサービスでも名前が違ったり。
特に、オール電化の家庭向けの割引制度は各電力会社導入していますが、
東京電力では「電化上手」、関西電力では「はぴeプラン」など名前が違います。
一度、自分のところの電力会社の割引制度を調べて、節電を検討してみては。
ポイントはこれらの割引サービスは、自己申請しないと適用されないことです。
もしかしたら、知らず知らずのうちに損をしているかも知れませんよ。
 東京電力北海道電力東北電力北陸電力中部電力九州電力
 関西電力中国電力四国電力沖縄電力

参考になった方はぜひ応援お願いいたします。 ↓------<(_ _)>-------↓
ブログランキング

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

加湿器いらずミスティガーデン


最近、インフルエンザや風邪がはやっています。
風邪の予防や感染を防ぐには室内を乾燥させないことが効果的です。
そのため、加湿器を購入される方も多いと思いますが、意外と電気代を使ってしまいます。→加湿器比較
そこで、電気代を節約するためにもエコの加湿器を利用してみてはどうでしょう?
このHPでも、エコカイロなども紹介しましたが、今回は電気代0で利用できる加湿器です。
ミスティガーデンという、宮地楽器の商品です。
ぬれたタオルをハンガーにかけて室内の乾燥を防ぐというのがありますが、あれと同様で基本は自然での気化を利用しています。
しかし、タオルなどと違い15倍程度の気化スピードを持った特殊なフィルターを利用しています。
このフィルターの技術が宮地楽器の技術なんでしょうか?
アロマなどを加えることで、リラックス効果もあります。
また、小さなものなので、机の上などにも置けるので、顔や手など直接乾燥が気になる箇所の近くに置くのも効果的です。
【特徴】
 ・電気代がゼロ→電気代の削減
 ・小さくて軽い→場所をとらない。設置場所を選ばない。
 ・従来の加湿器のように重い水を運ぶ必要が無い。
 ・白い蒸気が出ずに、自然気化を利用
 ・構造がシンプルなので、故障の可能性も無い。
 ・3150円と安い。

参考になった方はぜひ応援お願いいたします。 ↓------<(_ _)>-------↓
ブログランキング

テーマ:エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

電気料金の仕組み

電気代を節約するために電気料金の計算方法を説明したいと思います。
まず、全国には、電力会社が10社あります。
その10社は2つのタイプに分けることができます。

1.関西電力タイプ(4社)
関西電力、中国電力、四国電力、沖縄電力
料金メニュー:従量電灯A、従量電灯B、低圧電力等

2.東京電力タイプ(6社)
東京電力、北海道電力、東北電力、北陸電力、中部電力、九州電力
料金メニュー:従量電灯B、従量電灯C、低圧電力等


各電力会社で、他の料金メニューやオプションメニューなどがありますが、基本は従量電灯2つに低圧電力、高圧電力となっています。
実は、関西電力の従量電灯Aと東京電力の従量電灯Bは同じ顧客層をターゲットにしており、一番家庭で利用されている料金メニューです。
関西電力の従量電灯Bと東京電力の従量電灯Cは、比較的たくさん電気をを利用する家庭をターゲットにしており、計算方法は同じです。
低圧電力は、関西電力と東京電力で計算の仕方は同じで単価が異なります。

ココでは、一番家庭で利用されている関西電力の従量電灯Aと東京電力の従量電灯Bを基本に考えていきます。
東京電力では契約アンペアという基本料金が固定で設定されています。
それに対して、関西電力の従量電灯Aは基本料金として最低料金が1つだけ決められており、東京電力の契約アンペアのように複数ありません。

問題の電気代を計算する式は、
電気料金=基本料金電力量料金燃料費調整額となります。
基本料金は、関西電力では最低料金で、東京電力では契約アンペアで決まります。
この部分は、ほぼ固定なので毎月定額がかかります。
携帯電話でいうところの固定基本料金みたいなもんです。

それに対して、電力量料金は、利用した分だけ電気代になる部分です。
携帯電話でいうところの通話料みたいなもんです。
携帯でいう無料通話料は、関西電力タイプでは基本料金に少し(15kWhまで)含まれていますが、東京電力では無料電力見たなものはありません。

最後に、燃料費調整額は、電力会社が燃料の値上げなどを消費者に負担させる部分で、消費者側の努力ではどうしようもありません。

まず、基本料金を下げる方法ですが、
関西電力では1種類しかないので、どうしようもありません。
それに対して、東京電力では契約アンペアの変更をすることによって下げることができます。

次に、電力量料金は、使用する電気を減らすことで下げることができます。
実は、電力量料金の単価は3種類の値が用いられており、これがくせものです。
関西電力を例に取ると、
 第1段階料金15~120kWh:19円5銭
 第2段階料金120~300kWh:24円21銭
 第3段階料金300kWh~:25円55銭
となっており、使用する電気の量が多いほど、高い単価が適用されます。
この理由は、電力会社の理屈で言うと、低所得者層はあまり電気を使用しないので、低い単価で安価に電気を提供し、高所得者はたくさん電気を使用するので、高い単価を負担してもらおうということみたいです。
そのため、電気をたくさん使用する家庭は、従量電灯A(東京電力ではB)より、もう一つ上の従量電灯B(東京電力ではC)に契約を変更した方が電気代が安くなるケースが多いです。

この方法についてはまた今度まとめたいと思います。

参考になった方はぜひ応援お願いいたします。 ↓------<(_ _)>-------↓
ブログランキング

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

省エネ性能カタログ

実は、省エネルギーセンターのサイトに非常にためになる「省エネカタログ」なるものがPDFでダウンロードできます。
このカタログには、エアコン、テレビ、DVDレコーダー、冷凍冷蔵庫、ジャー炊飯器、電子レンジ、蛍光灯器具、温水洗浄便座の8種類の家電製品の節電方法と販売されている製品の省エネ比較が掲載されています。
面白いデータを、省エネ性能カタログから抜粋しました。

省エネ製品買い替えの年間電気代節約ランキング
 1.エアコン 約10,800円
 2.冷凍冷蔵庫 約3,900円
 3.温水洗浄便座 約3,400円
 4.テレビ 約2,400円
 5.DVDレコーダー 約700円
 6.ジャー炊飯器 約600円
 7.電子レンジ 約500円
 8.蛍光灯器具 約300円
合計で、約22,600円です。
意外と、3位の温水洗浄便座が電気代の節約に貢献しています。

これに、一般的な世帯(4人家族、4LDK)の普及台数をエアコン3台、テレビ2台、蛍光灯器具4台としてみると、
 1.エアコン 約32,400円
 2.テレビ 約4,800円(4→2位
 3.冷凍冷蔵庫 約3,900円
 4.温水洗浄便座 約3,400円
 5.蛍光灯器具 約1,200円(8→5位
 6.DVDレコーダー 約700円
 7.ジャー炊飯器 約600円
 8.電子レンジ 約500円
合計で、約47,500円です。
一般家庭の電気代が月9,000円(→All About)とすると年間で108,000円なので、約44%も安くなります。
このサイトで目標にしている20%削減もらくらくクリアですね。
これは省エネ製品による電気の使用量節約による電気代の削減ですから、料金メニューの見直しなどで電気代の単価も下げると、さらに電気代を節約することができます。

しかし、一度にすべての製品を買い換えると買い替えコストだけで50万円ぐらいかかるので現実的ではありません。
以下の視点で、優先順位を付けてみればどうでしょうか?
 1.故障したもの(古いもの)
 2.削減効果の大きいもの→エアコン
 3.技術革新が大きく進んだもの→エアコン、テレビ、冷蔵庫
 今後の大きな改良が無ければ、今は買うタイミングとしてはいいと思います。
 逆に、今後大きな技術改良で省エネ性能が上がるのであれば、もう少し待った方がいいと思います。
蛍光灯器具については、今後は白熱タイプは製造されなくなり、蛍光灯タイプになっていきます。また、LEDタイプも今年から少しずつ出てくると思うので、買い替えはもう少し待ってみては。

それ以外にも、電気の使用量を節約・削減したい人には非常に参考になる知識がたくさんまとめられています。
機会があれば個別にブログでも取り上げたいと思います。
一度、ご覧になってください。

参考になった方はぜひ応援お願いいたします。 ↓------<(_ _)>-------↓
ブログランキング

テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記

無料節電ゲーム

おもしろいゲームを見つけました。
カナダのケベックのサイトみたいですが、主人公の男性をコントロールして、2分以内に20箇所の電気の無駄を探すゲームです。
1箇所当てるたびに主人公の男性がとるアクションが面白いです。
このキャラクターはトムクルーズに少し似てるかも。
1階から2階のバスルームまで部屋の移動もあるので、気をつけてチャレンジしてみてください。
ちなみに、でんさくは1回目のチャレンジでは15箇所でした。
節電ゲーム
game

参考になった方はぜひ応援お願いいたします。 ↓------<(_ _)>-------↓
ブログランキング

テーマ:エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

東芝ecoスタイル

最近、新聞の広告で東芝がecoに力を入れているのを知りました。
WEBサイトも作成して、かなり充実しています。
これを読むだけでも、だいぶ知識が拡充されそうです。
すべて、東芝のお勧め製品に買い替えすると、二酸化炭素削減が1100kg、年間電気代が65000円安くなるなら、興味深いですね。
その上、快適になるなんて信じられません。
特に、洗濯機の削減効果が大きいので、お勧めです。
昔は洗濯乾燥に1回当たり100円近くかかっていたのが、20円近くまで電気代を下げることができています。
特に、乾燥時の電気代が劇的に下がったのが大きいですね。
頻繁に洗濯乾燥機を利用する方はぜひ、検討してみてください。

参考になった方はぜひ応援お願いいたします。 ↓------<(_ _)>-------↓
ブログランキング

テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記

省エネレベルを携帯で確認

あなたの家電はどのぐらい省エネに貢献しているのか?
もうすぐ、携帯でそれがわかるようになります。

省エネレベルを携帯で確認 »

テーマ:エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

こたつの節電について

冬になると、こたつを利用している家庭も多いのではないでしょうか?
そんな、こたつの電気代を節約する方法です。

こたつの節電について »

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

パソコンバッテリーの節電

普段ノートパソコンを自宅で利用している人向けの節約方法です。

パソコンバッテリーの節電 »

テーマ:エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

温水洗浄便座の節電

冬場にありがたい電化製品として、温水洗浄便座がありますね。
冬の寒い時に、トイレに行くとありがたみを感じます。
しかし、1年間の電気代は3000円から6000円までと大きく幅があります。
今回は、そんな温水洗浄便座の電気料金の節約方法を考えてみます。

1.利用後は、便座の蓋を閉じる。
2.温水や便座ヒーターの温度を低めに設定する。
3.長期不在時はコンセントを抜く
4.ウォシュレットを利用しない家庭は、便座カバーに替える。

まず、1の便座ヒーターによる電気代が、電気代が高い大きな要因になっています。
こまめに利用後に蓋を閉じることで、ヒーターの電気代を節約することが可能です。
そして、設定温度を下げることで、無駄な電気を抑えます。
3については、一人暮らしの家庭では、朝利用後コンセントを抜いて、帰ってから指すぐらいのことをしてもいいと思います。
そして、4ですが最近の家庭では標準で温水洗浄便座がついています。
今30代以上の人は小さい時になかったので、ウォシュレットを利用しない人も多いのではないでしょうか?
それならば、温水洗浄便座を利用せずに通常の便座カバーをつけるだけで、冬場のひんやりとした感触は和らげることが可能で、電気代もゼロですみます。
一度、検討してみては?
参考になった方はぜひ応援お願いいたします。 ↓------<(_ _)>-------↓
ブログランキング

テーマ:エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

節約術:洗濯機編

洗濯機の電気代節約方法もあまりありません。
まず、ベースにあるのが、できるだけ洗濯機を使わないことです。
乾燥機は他の家電製品と比べても消費電力が大きいので、利用せずに自然乾燥をすべきです。
同様に、洗濯機の回す時間を少なくするために、お風呂の残り湯を利用すると洗浄力がアップして時間短縮になります。
そして、少ない回数で何回も分けて洗うより、まとめ洗いをすることで電気代を節約できます。
こまめに気をつけていると年間では結構の削減になりますよ。

参考になった方はぜひ応援お願いいたします。 ↓------<(_ _)>-------↓
ブログランキング

テーマ:エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

節約術:掃除機編

掃除機についての電気代節約を考えてみます。
掃除機の節約方法は簡単かつ画期的です。
答えは、掃除機を使わないことです。
本当に、掃除機が必要か今一度考えてみましょう。
昔は掃除機なんてなくても掃除できてましたよね。
掃除機に変わる掃除方法として、以下があります。

1.ほうきとちりとり
→屋内でも屋外でも利用可能
2.ぞうきん
→ほこりや汚れに
3.クィックルワイパー
→フローリングのほこりや髪などに
4.カーペットローラー
→カーペットの糸くずやほこりなどに

他にもいろいろな掃除用品がありますよね。
でも、どうしても今ある掃除機を利用したいという人には以下を気をつけるだけで20%は節約できます。

1.掃除の前に部屋を片付ける
2.フィルターはこまめに換える
3.掃除する場所によって、強弱を変える
4.消費電力と集塵力は比例しないので、消費電力だけで製品を選ばない。

まず、1は電源をいれる時間をできるだけ短くします。
頻繁に電源をON/OFFするのも非効率なので、掃除前に床に置いてある荷物などを片付けで、掃除機をかける準備をするだけで、時間が短縮できます。
2については、掃除機の吸う力を効率的にします。
3については、フローリングなど少しの力で掃除ができる箇所はできるだけ、弱いパワーにしましょう。
4は意外なことですが、最近、D社のTVコマーシャルで宣伝していたように吸塵力と消費電力は比例しないので、吸塵力は強くて、消費電力が小さいものを選びましょう。

参考になった方はぜひ応援お願いいたします。 ↓------<(_ _)>-------↓
ブログランキング

テーマ:エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

«  | ホーム |  »

ページ内検索

節約したい電気製品の名前を入れてね。

サブカテゴリ

カテゴリーメニュー

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

FC2ブログランキング

参考になった方は

FC2Blog Ranking

ぜひ応援お願いいたします。!

RSSリンクの表示

リンク

相互リンク募集中です(^O^)/

このブログをリンクに追加する

電気代削減に興味のある人

開設175日で10000Hit超えました。皆様のおかげです。(^○^)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。