スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

省エネ家電による電気代節約

巷で省エネ家電というワードがあふれていますが、省エネ家電というのは何でしょうか?
今までとまったく違う家電なんでしょうか?
そんなことはありません。
今までより少ない電気で効率よく動く家電製品の総称です。
二酸化炭素排出削減を各家庭で推進してもらうために、政府と企業が力を入れて普及を進めています。
ここで一般的に言われている省エネ家電のメリットとデメリットをまとめてみます。


【メリット】
・少ない電気で動作する。
 →二酸化炭素排出の削減
 →電気代が安くなる
・最新の家電なので、付加機能も充実

【デメリット】
・買い替え費用がかかる
→初期投資が必要


なんとなく、省エネ家電に変えれば電気代が安くなると思っている人が多いと思いますが、実は省エネ家電による電気代削減は2つの効果があります。
電気代の計算式は、
電気料金=基本料金電力量料金燃料費調整額
となっています。
ここから東京電力を前提に話をします。
基本料金は契約アンペアによって決まっています。
電力量料金は使用した電気の量に基づいて3段階で単価が設定してあります。
燃料費調整額は、電力会社が燃料の値上げなどを理由に上げたり下げたりします。
この3つの中で、基本料金と電力量料金は各家庭の努力で下げることが可能です。
残念ながら、燃料調整額はどうしようもありません。

省エネ家電は、使用する電力量が少ないので、電力量料金を下げることができます。
電力量料金は、1段料金、2段料金、3段料金と使用量にあわせて3つの単価があり、3段料金が一番単価が高くて、1段料金が一番単価が安いです。
なぜ、このような仕組みになっているかはまた、別途書きたいと思います。
 第1段階料金0~120kWh:17円87銭
 第2段階料金120~300kWh:22円86銭
 第3段階料金300kWh~:24円13銭
よって、省エネ家電を利用することで、使用電気を減らし今まで第3段階料金を適用されている家庭が第2段階料金になることで、電力量単価のダウンを図ることができます。

次に、基本料金を下げる効果もあります。
契約アンペアを下げることで、基本料金を減らして、電気代を節約できます。
契約アンペアは以下のようになっています。
 10A:273円
 15A:409.5円
 20A:546円
 30A:819円
 40A:1092円
 50A:1365円
 60A:1638円
省エネ家電は使用する電力も小さいので、エアコンでは1995年当時に比べて40%近く消費電力を削減できています。
よって、今までエアコンを利用して7Aだったのが、4.2Aまで下がります。
契約アンペアは家庭全体の最大アンペア数なので、同時に利用する家電製品のアンペア数を計算か測定(→エコワット)して、余裕があれば契約アンペアを下げることでも電気代が安くなります。
仮に、50Aから40Aに契約アンペアを変更することで、毎月273円お徳になります。
年間で3,276円、10年で32,760円です。
意外と馬鹿にできません。→東京電力

まとめると、省エネ家電に買い換えると、電気代の使用量が減るだけではなく、契約アンペア数の削減にも効果があり電気代が安くなります。

参考になった方はぜひ応援お願いいたします。 ↓------<(_ _)>-------↓
ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:生活に役立つ情報 - ジャンル:ライフ

夜型人間の割引サービス

実は、夜型人間は電気代ですごい得をすることができます。
よく、「早起きは三文の得」といいましたが、電気代に関してはそうとも言い切れないようです。
電力会社によって少し違いがありますが、
このサービスは電気単価が、
 夜23時から朝7時まで通常より70%安くなり、
 朝7時から夜23時までは通常より約30%高くなります。
東京電力では、おトクなナイト8とおトクなナイト10と二つの時間帯が選べます。

・おトクなナイト8→夜23時から朝7時までの8時間は単価9.17
・おトクなナイト10→夜22時から朝8時までの10時間は単価9.48

これらのサービスを適用して安くなる人は、
一人暮らしのサラリーマンやOL、または夜型の学生とかでしょうか。
昼は仕事や学校で家にいない人向けです。
また、各種充電や洗濯、掃除機など大きな電力を利用する電化製品の利用をこの時間帯にすることもコツです。→騒音による近所迷惑は考慮してください。

なぜ、電力会社はこのようなサービスを行っているかというと、発電は夜だからといって止めることはできず、常に動いています。
電力会社は昼間の最大利用電力に合わせて発電設備を稼動しているので、1年間の電気の利用総量が同じでも、平準化しているほうが、設備が小さくてすむんですね。
そのため、電気利用料が多い昼間を少なくして、夜間に利用してもらって平準化したいということです。
ちなみに、1年間で一番電気の利用量が多いのは夏の昼間です。
よく、新聞などでも発電が追いつかないので、電気の利用料を制限して欲しいとの告知もあると思います。
この時期に一番利用料が多くなるのは、ずばり、「エアコン」が原因です。
ということは、エアコンがどんなに電気を大量に利用しているかは容易に想像できますね。
参考サイト:関西電力東京電力

参考になった方はぜひ応援お願いいたします。 ↓------<(_ _)>-------↓
ブログランキング

テーマ:エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

電気一括購入とは?

実は、電気というのは電力会社から個別の家庭に個別販売されています。
しかし、マンションにお住まいの方は、実は一括購入ができます。
誰が考えても分かるように、個別に購入するより、一括購入した方が安く買えますよね。
インターネットの世界で言う、ギャザリングと同じ考えです。

電気は高圧で移送する方が損失が少なくなります。
だから、電力会社も各家庭に低圧で販売するより、高圧でまとめて販売する方が損失も少なくてメリットがあるんですよね。
損失が少ないということは、地球にも優しくエコロジーです。

参考になった方はぜひ応援お願いいたします。 ↓------<(_ _)>-------↓
ブログランキング

テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記

単価削減方法

2つの方法があります。
1.契約プランを見直す。
2.電気を一括購入する。

1を説明します。
たとえば、関西電力を例に取ると、基本の料金メニューは3つあります。
・従量電灯A
・従量電灯B
・低圧電力
これらは最大需用電力によって、どれが最適化異なってきます。
詳しくは今後書きますが、携帯電話の料金プランのように、毎月の使用量によって最適な契約プランが異なります。

もしあなたが、マンションに住んでいるか賃貸マンションのオーナーの場合には2の方法をお勧めします。

参考になった方はぜひ応援お願いいたします。 ↓------<(_ _)>-------↓
ブログランキング

テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記

«  | ホーム |  »

ページ内検索

節約したい電気製品の名前を入れてね。

サブカテゴリ

カテゴリーメニュー

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

FC2ブログランキング

参考になった方は

FC2Blog Ranking

ぜひ応援お願いいたします。!

RSSリンクの表示

リンク

相互リンク募集中です(^O^)/

このブログをリンクに追加する

電気代削減に興味のある人

開設175日で10000Hit超えました。皆様のおかげです。(^○^)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。