スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽光発電のメリット

このHPではいろいろな電気代削減方法をご提案してきました。
その中で、こつこつと電気代を削減してきてもらったと思います。
でも、まだ電気代を払ってますよね。
これからは自分で電気を作りませんか?
そう、太陽光発電を導入するんです!
そうすれば、昼間は自分で電気を作ることができ、使いきれない分は電力会社に買い取ってもらえます。
そして、夜間のみ安い単価で電気を電力会社から買って使います。
ほとんどの家庭は、太陽光発電を導入すると毎月の払う分より、電力会社に買い取ってもらう分の方が多くなります。
すなわち、毎月電気代を売って収入に買えることができます。
当初の10年程度は、その差額で太陽光電池の導入費用をまかなっていくことになります。
しかし、初期投資分が回収できれば、それ以降は純粋に電気代差額分が収入になります。

今までは、初期投資を回収するのに20年程度かかるといわれてましたが、最近は下記のような支援もあり、平均して10年程度、早い人では8年程度で初期投資を回収することができます。
・導入費用が安くなってきている
・国や地方からの助成金が出ている
・売電価格が高く設定されている

一度、具体的に検討してみる余地はあると思います。

まずは、ネットで複数無料見積もりをしてみては?
太陽光発電の全国優良業者、見積比較
スポンサーサイト

テーマ:エコライフ - ジャンル:ライフ

太陽光発電で電気代削減

これからの電気代削減は太陽光発電ですね。
ぜひとも本気で電気代を削減したい人は検討してください。
今年に導入されるとこんなにお得です。
・1kwあたり7万円の国からの補助金がある
・買い取り価格が48円/W
・住宅特定改修特別税額控除が利用できる
・地方自治体の補助金があるところもある

これらを活用すると通常200~300万かかる導入費用のうち、100万円程度カバーすることも可能です。
そして、今ならモニターを募集している業者も多く、安く導入するチャンスです。

まずは、ネットで複数無料見積もりをしてみては?
太陽光発電の全国優良業者、見積比較

テーマ:生活・暮らしに役立つ情報 - ジャンル:ライフ

有機薄膜太陽電池

今まで太陽電池といえば、シリコンの結晶で作るものが中心でしたが、5年後には有機薄膜に置き換わっているかもしれません。
従来の太陽電池は、シリコンの結晶で作成されるために、固くて板状であり、半導体産業とシリコンの需要を競争するために、価格がなかなか下がりにくいといった課題がありました。
太陽電池での発電は、二酸化炭素を排出しない点が注目されていますが、実は発電コストを比較すると、火力発電の6倍もの開きがあります。
そのため、政府がいろいろと支援をして、なんとか太陽光発電を普及させようとしています。
しかし、有機薄膜で安価で軽い太陽電池が開発できれば、過程の太陽光発電の費用も劇的に下がると思います。

では、有機薄膜太陽電池とは何なのでしょうか?
電気を通す二種類の有機材料を電極ではさんだ太陽電池です。光を吸収する有機材料に光が当たると電子が生じ、もう一つの有機材料がこの電子を受け取り電気を作ります。材料が安価なため価格がシリコン系に比べて十分の一以下に可能性があり、軟らかく薄いので折り曲げることができます。実用化の課題は効率と耐久性の向上にあります。
まだまだ、市場に出回るのは先かもしれませんが、楽しみな技術です。
関連→フィルム型太陽電池

主な太陽電池の種類(日経新聞から抜粋)
種類特徴変換効率開発主体
シリコン系安定性高く広く普及20%前後
(30%台)
シャープ、三菱電機など
化合物系シリコン使わず安価10%台
(30%台)
昭和シェル石油やホンダ
有機薄膜型薄く曲げられる5%
(30%台)
東レ、三菱化学、東大など
色素増感型薄く曲げられる10%前後
(30%台)
昭和電工など
量子ドット型潜在能力は高い10%前後
(60%台)
筑波大学、東大など


参考になった方はぜひ応援お願いいたします。 ↓------<(_ _)>-------↓
ブログランキング

テーマ:エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

フィルム型太陽電池

今朝の日経新聞に、トッパンフォームズがシート状の太陽電池を2010年に発売するとありました。
今までの太陽光発電は住宅用発電システムにあるような、板状の固くて重いものが中心だったのですが、アメリカのベンチャー企業と組んで薄くて軽く加工しやすいフィルム状に加工する技術を作ったようです。
太陽光発電も軽くて加工しやすくなると、用途が一気に広がります。
新聞では、携帯電話の充電やノートパソコンの天板、また屋内の壁紙に利用することで部屋の光でも発電することができるようになります。
携帯電話の充電程度であれば、2時間ぐらいで行えます。
ソーラー発電携帯も発売されますし、携帯電話と太陽光電池はなじみやすいですね。
来年にはますます太陽光発電が身近になってくるかもしれません。
太陽電池で携帯充電(日経の記事)

テーマ:電化製品 - ジャンル:ライフ

余った電気を2倍で買取

ついに、びっくりする方針を発表しましたね。
太陽光発電で余った電気を今の2倍で買い取るように電力会社に義務化するみたいです。
現在は、1kw時あたり24円なので、50円近くで買い取る形になります。
そうすると、現在の投資回収期間が20~25年が半分近く短縮されます。
電力会社にしてみれば、補助が出ないとやってられないと思いますが、その分を電力価格に転嫁するとのことです。
ということは、他の消費者にとっては電気代の値上げにつながるということになり、負担が増えますが、月額数十円から百円程度らしいです。
ドイツやスペインでは、固定価格買い取り制度を導入して、太陽光発電を急激に普及させた実績があります。
日本では、うまいこといくかどうか不安はありますが、太陽光発電の普及の起爆剤になりそうです。

太陽光発電は買いか待ちか?
参考になった方はぜひ応援お願いいたします。 ↓------<(_ _)>-------↓
ブログランキング

テーマ:エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

«  | ホーム |  »

ページ内検索

節約したい電気製品の名前を入れてね。

サブカテゴリ

カテゴリーメニュー

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

FC2ブログランキング

参考になった方は

FC2Blog Ranking

ぜひ応援お願いいたします。!

RSSリンクの表示

リンク

相互リンク募集中です(^O^)/

このブログをリンクに追加する

電気代削減に興味のある人

開設175日で10000Hit超えました。皆様のおかげです。(^○^)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。