スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポイント還元と現金値引きを比較する

店頭販売とネットでの購入を比較するときに、ポイント制度は切っても切れないので、ポイントについて考えて見ましょう。
まず、ポイントのメリットとデメリットをあげます。
【メリット】
・ポイントをためていくのが楽しい
・お得感がある
【デメリット】
・ポイントを使ったときにポイントがつかない
・ポイントの汎用性が低いものがある
・発行体が倒産するリスクがある
・利用期限がある
・金利がつかない

では、本題のポイント還元と現金値引きを比較してみましょう。
大きな違いとしてポイント利用するとポイントが付かないことがあります。
もし、同じ還元率であれば現金値引きの方が得だというのはだいたい理解していると思います。
カシオのHPでいろいろな計算式をインターネットで公開しています。
ココで、同じ還元率の場合のポイントと現金の比較ができます。
ちょっと分かりにくいですが。。。

では、ポイント10%と現金9%ではどちらが得でしょうか?
これを即答できる人は、かなりポイントと現金値引きに熟練した人です。
ココからは少し計算が入るので、嫌な人は飛ばしてください。
hr size="1" />これを考えるときには、実は数学の知識が必要になります。
たとえば、分かりやすいようにまず
100,000円のテレビを、ポイント10%現金値引き10%で考えます。
1回目の取引では、
ポイントの場合は、現金100,000円払って、ポイント10,000P貯めました。
現金値引きの場合は、現金90,000円払って、ポイントは0です。

次に、2回目の取引として、販売価格10,000円の商品を同じ条件で買うとします。
ポイントの場合は、ポイント10,000Pを利用します。
ポイントにポイントは付かないので、ポイントは0になります。
現金値引きの場合は、現金9,000円払って、ポイントは0です。

ここまでで支払った金額と購入金額を比較すると
ポイントは、100,000円で110,000円分
現金は、99,000円で110,000円分
となります。
現金値引き10%では現金100,000円で実は111,111円分の買い物ができる計算になります。
よって、残り、残り1,111円分の買い物ができます。
現金の場合はずっと値引き分を合計していくと、数学で言う無限級数の和になりますが、通常は3回目ぐらいまで考えればいいと思います。

3回目までの値引率で考えると、100,000円あれば、111,100円分買い物できます。
1,100円分がポイントよりもお得ですね。
では、問題にあるように異なる還元率ではどうでしょうか
同じような計算をすれば解けます。
3回目までを考慮するなら3次方程式を解くことでポイントと現金値引きのイコールになる割合を求めることができます。
これを利用すると、ポイント10%と現金値引き9%ではポイントが得です。
ポイントだと合計110,000円分買い物ができるのに対して、現金だと109,883円分になります。

この計算を他の数値でも行うと、以下の結果が得られます。
【結論】
1:同じ還元率なら現金がお得
2:ポイントの還元率によって、現金値引きの方が特になる値がある。



現金値引き率が得になる値引率
ポイント還元率:A~10%11~15%16~19%20%~
A以上A-1%以上A-2%以上A-3%以上

例を示すと、
ポイント還元率が10%なら、現金還元率が10%以上だと現金が有利
ポイント還元率が15%なら、現金還元率が14%なら現金が有利だが、13%ならポイントが有利
ポイント還元率が19%なら、現金還元率が17%なら現金が有利だが、16%ならポイントが有利
ポイント還元率が21%なら、現金還元率が18%なら現金が有利だが、17%ならポイントが有利

これを知っていると、ポイントと現金値引きを選べるお店では、どちらを選べばお徳かすぐに分かりますね。

では、お店側はポイントを導入するメリットは何でしょうか?
お店側は値引き交渉せずにお客を囲い込みできるというのがメリットでした。
しかし、現在はポイントがあふれすぎているのでポイントの店側のメリットはだいぶ薄れてきています。
そのかわり、ポイント管理コストや他社との差別化に苦労しているようです。
また、最近は不景気でどの企業がいつ倒産するか分かりません。
倒産するとポイントの価値は0になります。
また、倒産まで行かなくてもポイント制度を使いにくいようにルール変更することも考えられます。
マイルを貯めている人の間では、しばしばこの規約改悪の話題で盛り上がります。

よってポイントはあくまでおまけで、ポイントを中心にお店を選ばないほうがいいと思います。
しかし、一番安いお店で家電を買って、ポイントが各社バラバラになるのもよくありません。

では、どうするのがいいかというと、ポイントがこれだけ流通しているので、汎用性の高いポイントを発行しているものを中心に貯めるのがいいと思います。
私がお勧めしているポイントは、Tポイント楽天ポイントです。
この2つはポイントの汎用性を重視している上にポイントをためるお店、利用できるお店の数が非常に多いです。
マイルにも交換できますし、一つの会社の経営体質が悪くなっても他社のポイントに移行できるのがリスクヘッジになります。
また、Tポイントと楽天ポイントは1:1の等価で移行することもできるのでお勧めです。

テーマ:生活に役立つ情報 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://denkidai.blog77.fc2.com/tb.php/7553-ba7f2ff9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ページ内検索

節約したい電気製品の名前を入れてね。

サブカテゴリ

カテゴリーメニュー

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

FC2ブログランキング

参考になった方は

FC2Blog Ranking

ぜひ応援お願いいたします。!

RSSリンクの表示

リンク

相互リンク募集中です(^O^)/

このブログをリンクに追加する

電気代削減に興味のある人

開設175日で10000Hit超えました。皆様のおかげです。(^○^)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。